八重山商工は途中出場の平安名勇太が攻守で躍動した。0-0の六回表から二塁の守備につき、無死二塁のピンチの場面で、右前打で中継に入り、本塁に好返球、小禄の先制点を阻んだ。 傾き掛けた流れを一気に手繰り寄せると、その裏の攻撃で、5番森田虎之介の右前適時打で1点を先制。