少ない好機をものにした浦添が浦添工を下した。 0-0の五回表無死一塁から連続犠打で三塁まで走者を進め、打席には160センチの2番の新里章悟。  1球目のボール球を見送り、2球目を強振すると、打球はぐんぐんと伸び、いったんは落下地点でグラブを構えていた中堅手の頭上も越えて、長打となった。