普天間は、先発で4番の與那原大剛が投打にフル回転し、初戦を突破した。 打っては三回2死一、二塁、カーブを中越えに運ぶ先制の2点適時二塁打。一回は1死二、三塁の好機でバットを一度も振らずに見逃し三振に倒れていた。