子どもや女性に対する「声掛け」や「つきまとい」など性犯罪につながる恐れがある前兆事案の認知件数が8月末現在で226件となり、過去最多となった2011年の同時期より28件上回ったことが、沖縄県警のまとめで分かった。