■ゆかりの地思う 浦添ガス工業

浦添ガス工業

奥原電設

浦添ガス工業 奥原電設

 浦添ガス工業(浦添市、比嘉良文社長)の大城則夫取締役部長=写真右=と仲宗根勝春営業課長=同左=は9日、沖縄タイムス社を訪れ、熊本地震の義援金10万円を託した。中高時代を熊本県内で過ごしたといい、地震発生直後にも福岡経由で現地入りして物資を届けた。大城取締役部長は「少しでも被災された方々のお役に立てれば」と話した。

■「復興役立てて」 奥原電設

 奥原電設(那覇市)の奥原聡社長=写真左=らは9日、義援金として30万円を沖縄タイムス社へ託した。同社のチャリティーイベントの収益などに加え、約90人の社員も募金に積極的に協力した。奥原社長は「電柱などライフラインの被害を見て心を痛めていた。復興の役に立てば」と話した。