久米島が、手堅い攻めで得点を重ね、3-1で八重山農林を下した。エースで主将の安里翔太は「接戦で勝つのが久米高の野球」と胸を張った。 初回に2安打で1点を先制された安里。「スライダーの切れが悪かったので、見せ球にして直球勝負」と二回以降は、配球を変更して凡打の山を築いた。