宜野座が犠打を絡めた攻撃で4-0で豊見城を退けた。 均衡が破れたのは四回。無死一塁で、4番比嘉敬伍がバントで走者を送った後、2死から敵失で1点を先制。五回と八回の追加点も犠打が起点になった。 仲間大樹監督は「1点1球の重みを選手に伝えている。何番を打とうが(犠打の重要性は)変わらない」と話した。