【沖縄】少年野球の第1回コザ信用金庫杯(コザ信用金庫主催、沖縄タイムス社共催)最終日は15日、沖縄市のコザしんきんスタジアムで行われ、比屋根タイガースが1-0で与儀ファイターズを下し、初代王者になった。

接戦を制し初代チャンピオンになった比屋根タイガース=15日、沖縄市のコザしんきんスタジアム

 両チームとも再三走者を出すが守備陣が要所をしめ、五回まで互いに無得点。六回表、比屋根は安打で出塁した先頭打者を、盗塁などで進め、相手ミスを生かして先制。六、七回は与儀に反撃を許さず3人ずつで抑え、逃げ切った。

 比屋根の仲宗根峰男監督は「あと一本がなかなか出なかったが、優勝できて良かった。スタッフや保護者、選手が一丸になれたおかげ」と勝利を喜んだ。

 花城清太主将は「接戦だったけど力を出せた。第1回の優勝チームになれてうれしい」。エースの上間玲於投手は5大会中4試合を投げた。「コントロールが悪く球も走らなかったが、絶対勝つと思って投げた。これからは走者をためないようにして、打たせて捕る投球ができるようにしたい」と話した。