第4シードの那覇が、左右の継投で那覇国打線を抑え、5-2で勝利した。大城康成監督は「これまでの接戦の経験を生かして戦ってくれた」と喜んだ。 初回に4番山城健の適時二塁打で先制。那覇国先発の左腕上原康のカーブを左翼線に運んだ。「体がうまく反応した。練習の成果が出た」。主将がバットでチームをもり立てた。