あとアウト一つで引き分け再試合となる延長十五回2死、首里がサヨナラ打で3時間36分の熱闘に終止符を打った。 2-2の延長十五回2死二塁。3番我那覇有紀は前の打席、外の真っすぐで見逃し三振に倒れていた。「相手は長打を打たせたくないから外中心に攻めてくる。踏み込んで打て」。