中軸打線が機能した北中城が普天間を6-4で退けた。 北中城は1点を追う一回裏、普天間の好投手與那原大剛の攻略に成功。3番の渡名喜守洸が狙い球のスプリットを捉え、同点の左中間二塁打。さらに好走塁で三塁まで進み、次打者のヒットで逆転のホームを踏んだ。