犠打やスクイズなど手堅く得点した具志川が6-0で球陽を退けた。 具志川は一回無死一塁から2番伊禮勝太の犠打と3番天願俊の中前打で1死一、三塁の好機。4番當山竜生の強振が一塁手の敵失を誘い、1点を先制。五回は天願の中犠飛で1点追加し、七回は當山の左翼線二塁打などでダメ押しの3点を挙げた。