米軍普天間飛行場返還に伴う新基地建設に向けたボーリング調査で、沖縄防衛局は16日午前、浅瀬を掘削していたスパット台船2基のうち、残り1基を撤去した。午後3時半すぎには浮桟橋付近で台船の鉄柱を外し、解体している様子も確認された。同局は浅瀬部分の調査は全て終え、準備が整い次第、水深が深い9カ所の調査を始めるとしている。

 キャンプ・シュワブのゲート前では約60人が抗議集会に参加。「スパット台船を大浦湾に入れるな」などのシュプレヒコールを上げながら行進し、基地内に向けて拳を突き上げた。