第2次安倍改造内閣で沖縄基地負担軽減担当を兼務して以降、初来県した菅義偉官房長官。改造前の2度の来県では、仲井真弘多知事が米軍普天間飛行場の「県外移設」を求める姿勢を崩しておらず、平身低頭の説得に重点を置いた。