沖縄県は18日、名護市の経済金融活性化特区の認定事業者に、金融サービス業のS.O.Wフィナンシャルイノベーション(名護市、阿部享社長)を認定した。7月の制度拡充以降、同特区の認定は初めて。 商業施設やホテル、介護施設などの事業資産を証券化し、企業の資金調達を支援する。