北部地域の医療関係者や学識経験者、住民らでつくる定住条件整備推進委員会(泉川良範委員長)の全体会議が19日夜、名護市内で開かれた。慢性的な不足が続く医師を確保する対策として、北部地域出身の医大生や医師(研修医含む)、勤務経験者を登録する人材バンクを新たに設置する方向性を確認した。