女子走り幅跳びの平良さき(中部商2年)は大会記録を25年ぶりに25センチ塗り替える5メートル77で優勝した。「最初からベストに近い記録を出さなければ、全国では戦えない」と臨んだ1本目。課題とする助走も大きく、伸びのある跳躍で5メートル77をマーク。