【南城】南城市敬老会が19日、市内のホテルで開かれ、70歳以上の男女約千人が琉球舞踊や喜劇を楽しんだ。かりゆしウエアに帽子、花柄の上着などで着飾った男女は、口を大きく開けて笑い、手拍子も起きるなど舞台を楽しんだ。

カチャーシーもあり、盛り上がった南城市敬老会=19日、南城市のユインチホテル南城

 市の発展に尽くしたお年寄りに、感謝の気持ちを示そうと行われた。式典に続いて行われた余興では、「歌たい舞(も)うたい」メンバーのふんする高齢の男女が、客席の間を縫って登場。おじいさんが手をつないで歩こうと持ち掛け、「うちなーぐちでは『かながなー』、やまとぅぐちでは『ラブラブ』と言うんだよ」と話すと、会場がどっと沸いた。

 男女8人が繰り広げる喜歌劇「馬山川」ではイケメンの手を触って喜ぶ女性、美女を前にもじもじする男性のしぐさに、会場は爆笑に包まれた。市玉城堀川の玉城ヨシさん(79)は「余興はみんな面白かった。また来たい」と、来年の開催を心待ちにしていた。