高校野球の第64回県秋季大会(主催・県高校野球連盟、共催・沖縄タイムス社、琉球放送)第8日は20日、沖縄セルラースタジアム那覇などで2回戦を行い、16強が出そろった。八重山商工が延長戦の末、3-2で興南にサヨナラ勝ち。2-2で迎えた十四回1死二塁で2番宮良雄太が左前打を放った。先手を取った興南はリードを守れず、最後は失策が絡む1点に泣いた。

 第2シードの嘉手納は3-3の七回に2本の適時二塁打で勝ち越すと、八回にも1点を加えて6-3で美来工科に競り勝った。第3シードの前原は初回に3点を挙げ、5-4で浦添を振り切った。

 宜野座は1点を追う九回無死満塁の好機で7番岸本恭里の左前2点適時打で逆転に成功。久米島の反撃をかわし4-3で接戦を制した。美里工業、コザ、中部商、浦添商も3回戦に進んだ。第9日は21日、2球場で3回戦の4試合を行う。