宜野座が最終回に1点差をひっくり返し、久米島を下した。 2-3の九回表無死満塁の絶好の場面で、打席には7番岸本恭里(ちかり)。「狙いはインコース」。久米島の2番手古波蔵将悟の3球目の直球をレフトに運んだ。一塁へ走りながら「早く落ちろ」と祈った。