台風16号は21日午後6時現在、台湾に上陸しており勢力を維持しながら時速20キロで北北東に進んでいる。風速25メートル以上の暴風域はないが、強風域に入った与那国町与那国で午後7時22分、最大瞬間風速27・9メートルを観測。強風域の宮古島市伊良部では同日午後1時58分に17・5メートルの強い風が吹いた。

 強風域には、与那国島地方が21日午前0時ごろ、石垣島地方が午前9時ごろ、宮古島地方が午後6時ごろに入った。それぞれ22日昼前から昼すぎにかけて抜ける見込み。

 16号は21日午後6時現在、中心気圧985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速23メートル、最大瞬間風速35メートル。

 21日の空の便は欠航はなかった。22日も通常運航を予定しているが、天候の状況によっては遅延、欠航、引き返しなどの条件付運航の可能性がある。

 八重山地方は21日午後から風が強まり、石垣市街地では、店舗ののぼりを従業員が片付ける姿が見られた。石垣島と竹富町の周辺離島を結ぶ船便は西表島大原、波照間、黒島が終日欠航。波風が強まった午後5時以降は全便が欠航となった。午後7時現在、石垣市消防本部によると被害の報告は入っていない。