台風16号は22日午前9時現在、東シナ海の北緯27度10分、東経122度にあって、1時間におよそ20キロの速さで北に進んでいる。風速15メートル以上の強風域に入っている久米島と宮古島地方は昼過ぎに、石垣島地方は夕方頃抜ける見込み。台風は今後も東シナ海を北へ進み、先島諸島から次第に遠ざかる。

気象庁22日午前9時発表の台風16号の進路予報

 沖縄気象台は、久米島と先島諸島では風が強く、沿岸の海域ではうねりを伴いしけているため、陸上、海上とも強風や高波に注意するよう呼び掛けている。

 沖縄気象台によると22日に予想される最大風速は宮古島で16メートル、最大瞬間風速30メートル、波の高さは宮古島・八重山地方で5メートル、沖縄本島地方4メートルの見込み。

 台風は22日午前9時現在、中心の気圧は990ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は23メートル。最大瞬間風速は35メートルで中心から半径460キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

(沖縄タイムス+プラス編集部)