具志川が延長十二回を戦い、4-3で第4シードの那覇を下し、初の8強進出を果たした。 「シード相手ではチャンスが少なくピンチが多くなる」と具志川の山里貞俊監督が話した通りの展開で、再三のピンチを堅守でしのぎ、巡ってきたワンチャンスを勝利に結び付けた。