機動力の糸満が本領を発揮した。13安打に5犠打、6盗塁と小技や足で揺さぶり8得点。上原忠監督は「1試合やるごとに機動力のミスが減り、つながってきた」と手応えを口にした。 らしさは初回から表れた。1番池間誉人、2番岡田樹の俊足コンビが安打とエンドラン、盗塁で無死二、三塁のチャンスをつくる。