総合力で勝る名護が宮古総実を圧倒し、10-0の六回コールドで勝利した。 12安打のうち、三塁打と二塁打がそれぞれ3本ずつと長打攻勢が光った。3-0の五回は2番真栄田伊織が二塁打で出塁すると、内野安打と犠飛で4点目。さらに長短打と犠飛で効率よく加点し、打者一巡の猛攻で一挙6点を挙げて勝負を決めた。