江渡聡徳防衛相は22日、就任後初めて沖縄を訪れ、那覇市内のホテルで仲井真弘多知事と会談した。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に関連して仲井真知事が要請した辺野古、豊原、久志の「久辺3区」の負担軽減について、江渡氏は補償策の検討を事務方に指示していることを明らかにした。

江渡聡徳防衛相(左)に要望書を手渡す仲井真弘多知事=22日、那覇市泉崎・ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

 江渡氏は会談冒頭で知事と久辺3区の代表から要請を受けた今月10日に事務方に対応を指示し、すでに防衛省職員を派遣し要望を聞き取ったと説明した。

 普天間のオスプレイの配備見直しは県外での訓練回数の増加を米側と交渉し、日本政府としても拠点整備を進めたい考えを示した。

 会談後、記者団に対して自らの地元青森県にある米軍三沢基地へのオスプレイ移転について「可能ならばと思っているが、米軍との関係もあるので調整しなければいけない」と述べた。

 仲井真知事は会談で普天間の5年以内の運用停止と早期返還を含めた11項目の負担軽減策を要望。普天間と米軍嘉手納基地周辺の防音工事をめぐり、30年前の対象区域の指定後に建設された住宅が対象となっていないことを踏まえ「長年、エリアや対象の拡大がされていないのでお願いしたい」と述べた。

 江渡氏は23日に普天間やキャンプ瑞慶覧の西普天間住宅地区などを視察する。