22日に来県した江渡聡徳防衛相は、仲井真弘多知事との会談で沖縄の負担軽減を重視する考えを強調し、わずか20分ほどの間に「汗を流す」と10回も繰り返した。知事とは防衛副大臣時代から何度も面識があるが、防衛相就任後の初来県だけに、低姿勢を貫いた。