高校野球の第64回県秋季大会(主催・県高校野球連盟、共催・沖縄タイムス社、琉球放送)第10日は23日、コザしんきんスタジアムなどで3回戦を行い、8強が出そろった。シード4校はいずれも3回戦までに姿を消した。前回覇者の美里工業は、九回2死一、三塁で8番久田真輝が起死回生の逆転打を放ち、3-2でコザを破った。

 中部商業は、七回に2安打と相手守備の乱れから2点を加え、第3シードの前原に3-2で競り勝った。

 宜野座は、4安打ながら効率的に攻めて2得点。先発の玉城楓がこれを守り抜き2-0で浦添商を退けた。

 八重山商工は、初回に先制後、三、七回に2点ずつを奪い、7-1で第2シードの嘉手納に快勝した。

 第11日は27日、宜野湾市立野球場で準々決勝の2試合を行う。

■23日の結果

▽3回戦

美里工 3-2 コ ザ

宜野座 2-0 浦添商

八商工 7-1 嘉手納

中部商 3-2 前 原

■27日の試合

▽準々決勝

〈宜野湾市立、10時〉

糸 満-名 護

具志川-首 里