4安打の宜野座が6安打の浦添商を2-0で下した。 先制点は四回。無死一塁からの連続犠打が、浦添商の先発天久太翔の好判断でいずれも進塁を阻まれた。 嫌なムードを振り払ったのが、6番与那元。右翼線へ適時三塁打を放ち、流れを引き寄せた。 六回1死二、三塁では3番阿波根昌時の右犠飛で貴重な追加点を挙げた。