九回表にドラマが待っていた。0-2でコザにリードを許した美里工はこの回、先頭打者が四球で出塁するも後続が倒れ、敗色濃厚の2死。だがここから怒濤(どとう)の追い上げを見せる。 6番高江洲正弥が左前打で2死一、二塁とすると7番知花樹の右前適時打でまず1点。