民主党沖縄県連の喜納昌吉代表が知事選出馬を決断したのは、辺野古沿岸部の埋め立て承認の撤回を明確に訴える候補者が他にいないことが大きな理由だ。 現職の仲井真弘多氏は容認。元郵政民営化担当相の下地幹郎氏は県民投票の実施を主張。那覇市長の翁長雄志氏は反対の立場だが、具体的な手法をこれまでに明言していない。