8月にロシアのチェリャビンスクで開催された柔道の世界選手権で男子100キロ超級銀メダルを獲得した七戸龍(那覇西高-福岡大-九州電力)。団体戦でも大将で金メダルに貢献。日本柔道待望の重量級エースとして注目される七戸に21日、大会で得た手応えや今後の目標を聞いた。