自民党沖縄県連の那覇市長候補者選考委員会は24日、県連副会長の翁長政俊氏(65)を選んだ。だが、前日に県連所属の那覇市議団に協力を拒まれた翁長氏は出馬を辞退する姿勢を崩していない。自民・公明両本部が望む翁長氏を軸に選考、決着したかのように見えた候補者選びは、“場外乱闘”の様相も呈している。