重い心臓病のため、米国で心臓移植手術を受ける北谷町の松島良生(らい)君(12)=桑江中1年=への匿名の寄付5万円が25日、沖縄タイムス社に届いた。渡航手術費用の募金に取り組む「らい君を救う会」は「匿名は初めてで驚いた。大変ありがたい」と感謝している。

良生君への匿名の寄付金。封筒には「シルバーマン」と記され、新聞記事が同封されていた

 封筒には「沖縄県 シルバーマン」と手書きされている。良生君の両親と「救う会」が記者会見で募金を呼び掛けたことを報じる23日付の沖縄タイムスの切り抜きと、「おそれいりますが。よろしくお取り計らいますよう、お願い申し上げます」とワープロ打ちした紙が同封されていた。消印は「那覇東」で、日付は24日午後だった。

 「救う会」の新垣次男共同代表(43)は「近日中にブログやホームページを立ち上げ、寄付の報告やお礼を発信したい」と話した。