【浦添】浦添署は21日、飲酒運転など交通事故防止と命の尊さを訴えるポスター用に、妊娠10カ月の写真を提供した東(あずま)咲(さき)さん(27)=沖縄市=に感謝状を贈った。写真は、本紙に掲載された東さんのマタニティーフォトで感激した交通課長の高嶺敏光さん(54)が東さんの職場を訪ね、直談判したという。

(左から)高嶺敏光交通課長、東咲さん、千咲ちゃん、夫の邦仁さん=22日、浦添署

 きっかけとなったのは、臨月のおなかをいとおしそうになでる昨年5月撮影の写真。6月23日付の本紙に「丸~いおなか記念撮影/マタニティーフォト人気」の見出しで紹介された。

 記事をみた高嶺さんは「ピピッときた」。さっそく新聞を切り抜き、東さんが務めるスタジオエース(沖縄市)を訪ねた。

 私服で出かけた高嶺さんだったが、スタジオの窓口にいた東さんは「ちょっといかつくて場違いな感じだった」と苦笑い。それでも、命の尊さを訴えることで交通事故を1件でも減らしたいとの思いに共感し「私のおなかが役に立つなら」と写真提供を決めた。

 ポスターは、浦添工業高校写真部の作品で東さんをハート形に囲むデザイン。千枚を印刷した。長女の千咲(ちさき)ちゃん(1)を無事出産し、元のおなかに戻った東さん。メタボ気味の高嶺さんは、うらやましそうに笑顔で見送った。(平島夏実)