沖縄県議会は25日の本会議で、「母子寡婦福祉法」改正に伴い、関連する五つの県条例に「父子」を新たに盛り込む改正案を全会一致で可決した。施行は10月1日。母子世帯の経済的自立を目的にした修学資金などの無利子や低金利の対象が父子にも広がる。