バスケットボール男子のbjリーグは25日、東京都内で10月4日開幕の新シーズンに向けた記者会見を開き、昨季王者の琉球ゴールデンキングスの岸本隆一は「2連覇を目指すのは当然。見ている人を感動させる試合をしていきたい」と、抱負を語った。

 創設10シーズン目となるbjリーグは新たに福島が加わり、合計22チームが東西カンファレンスに分かれて、来年4月26日まで各52試合を戦う。両カンファレンス8チームずつによるプレーオフは5月に実施される。河内敏光コミッショナーは「6チームで始まったのが節目の10年で22チームになった。プレーオフの戦いをさらに盛り上げていきたい」と語った。

 リーグの命名権契約をトルコ航空と締結したことも発表された。契約期間は2シーズン。