【名護】ノボタン科のハシカンボクが、数久田の「轟の滝」周辺で淡いピンクの花を咲かせている=写真。枝先に約1センチの花弁4枚を付けた姿は周囲の緑に鮮やかに映え、時おりミツバチやチョウなどが花の周りを飛ぶ姿も。葉はノボタン特有の葉脈がはっきりと確認でき、縁は小さなトゲのようなものがある。この時季はリュウキュウハグロトンボやリュウキュウルリモントンボなどが観察できる。(玉城学通信員)