FC琉球の選手6人が27日、那覇市内で松島良生(らい)君(12)の渡米心臓移植費用の募金をした。FC琉球のジュニアチームに合格したことがあり、サッカー選手を夢見る良生君のため「ご協力を」とピッチで鍛えた大きな声で呼び掛けた。

松島良生君の心臓移植に向け募金するFC琉球の選手=27日、サンエー那覇メインプレイス前

 選手会の小寺一生会長が「沖縄のサッカー人として協力しよう」と声を掛け、練習試合を終えてサンエー那覇メインプレイス前に駆け付けた。良生君と同じサッカースクールに通っていた友利貴一選手は「トップチームで一緒にサッカーしよう」とメッセージを送った。

 「らい君を救う会」のメンバーは「やっぱり寄付の集まりが違う」と感心した様子。小遣いから寄付をした興南高2年の我喜屋優太君(17)は「自分はバスケットボール。良生君は、早く治してサッカーを頑張ってほしい」と話した。FC琉球はホームゲームでも募金をする。