高校野球の第64回沖縄県秋季大会(主催・県高校野球連盟、共催・沖縄タイムス社、琉球放送)第11日は27日、宜野湾市立球場で準々決勝の2試合を行い、首里が20年ぶり11度目、糸満が3年ぶり14度目の4強進出を決めた。

 首里は7-0で具志川に七回コールド勝ち。中真慶大が無安打無四球で7三振を奪い、参考記録ながら完全試合を達成した。

 糸満は、四回に3番大城龍生の2点適時打など打者一巡の猛攻で5点を挙げて名護を突き放し、8-0の七回コールドで下した。

 第12日は28日、宜野湾市立球場で準々決勝の残り2試合を行う。

■27日の結果

▽準々決勝

糸 満 8-0 名 護

首 里 7-0 具志川

■きょう28日の試合

▽準々決勝

〈宜野湾市立、10時〉

美里工-八商工

中部商-宜野座