犠打にスクイズ、集中打と多彩に攻めた糸満が名護を圧倒し、8-0の七回コールドで3年ぶり14度目の4強進出を決めた。 初回から持ち味の機動力を存分に見せつけた。先頭打者の1番池間誉人が右越え二塁打で出塁すると犠打とスクイズで難なく先制点を挙げた。