【石垣】石垣市商工会はインターネットを通じ、複数の投資者から少額資金を募るクラウドファンディングを活用した「石垣島ファンド事業」をスタートさせ、市内業者から投資事業を募集している。

クラウドファンディングの事業募集を呼び掛ける猪尾取締役(右)と平田事務局長=石垣市内

 クラウドファンディングを運営するミュージックセキュリティーズ社(東京都)と提携。商工会と同社で事業の実現性と投資したいと思わせる共感性を審査し、本年度で3事業ほどを選定する。

 同社は農水産業や加工業、ファッションなど運営資金を求める全国の投資事業を集めたホームページ「セキュリテ」に事業をアップ。約7万人の会員が気に入った事業に数万円程度を投資する。

 中小企業やベンチャーでも資金が調達しやすい仕組みで、投資家にとっては共感するプロジェクトへの応援、特産品送付、イベント参加などの出資特典がある。

 27日に市内で会見した同社の猪尾愛隆・証券化事業取締役は「観光地として有名な石垣島を応援したいという人は多い。全国から投資を集め、産業や観光業発展に貢献したい」と意欲を語った。商工会の平田睦事務局長は「商工会の経営指導員が事業計画の立案を手伝いするので、さまざまなアイデアを寄せてほしい」と呼び掛けた。