投打に安定した美里工が8-1の七回コールドで八重山商工に貫禄勝ちし、2年連続の頂点を射程に捉えた。 初回2死から連続安打で1点を許した。しかし、失点はこの1点だけで、その後は危なげなかった。 エース久田真輝が抜群の制球だった。前戦のコザ戦は8四死球と乱調だったが、この日は無四球ピッチング。