沖縄県知事選の告示まで1カ月を切った。現職の仲井真弘多氏(75)と那覇市長の翁長雄志氏(63)、元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)が立候補を表明し、事実上の選挙戦に突入している。前参院議員で民主党県連代表の喜納昌吉氏(66)も出馬を表明している。県内9政党の支援状況をまとめた。