石垣市議会(知念辰憲議長)9月定例会2日目の30日、市当局は同日で任期が切れる漢那政弘副市長と玉津博克教育長の人事案について提案できず、副市長と教育長が同時に離任する波乱含みの展開となった。

 一部与党議員の理解を得られなかったのが原因。昨年9月も与党議員の一部が副市長と教育長に「不信任」を突きつけるなど執行部不信が与党の一部に残っている。9月の市議選では与党過半数を得たものの、市幹部は「出足がこれでは…」と漏らす。

 議員から「反対する与党議員がいるのに大丈夫と踏んでいたのだろう。当日慌てても遅い」と調整不足を指摘する声も。中山義隆市長は与党を説得し、定例会期間中の提案を目指すが、態度を硬化させる与党議員もおり、「3役」のうち2役が不在になる可能性も出てきた。