【宮古島】全日本トライアスロン宮古島大会(主催・同市など)実行委員会メンバーが9月30日、市役所で会見し、第31回大会を来年4月19日に開催すると発表した。バイクは来年1月末開通の伊良部大橋を渡り、伊良部島を半周ほどするコースに変更する。実行委は参加申し込みを1日から始めている。

大会日程とコース変更などを発表する下地敏彦市長(左)=宮古島市役所

 郵送申し込みは11月7日、インターネットは11月28日まで。市下地の与那覇前浜をスタートし、スイム3キロ、バイク155キロ、ラン42・195キロで競う。定員は一般参加1500人。

 上位招待選手は30回大会優勝のベンジャミン・ウィリアムズ(米国)、女子1位の田中敬子(チームゴーヤー)ら10人。

 実行委では大会公式ポスターのデザインを募集する。応募期間は12月26日まで。

 実行委会長の下地敏彦市長は「伊良部大橋を通過することで、宮古島にある三つの橋を走り抜けることになり、さらに楽しめる大会になることが期待できる」と述べた。

 問い合わせは実行委事務局、電話0980(73)1046。