県議会9月定例会は1日、一般質問の3日目で、謝花喜一郎企画部長は、来年3月末に返還されるキャンプ瑞慶覧西普天間住宅地区への琉球大学医学部・付属病院の移転が、早ければ2020年にも実現するとの見通しを示した。

 謝花部長は「(返還後の)引き渡し期間は3年で、それから2、3年後と考えると、早くて5、6年(後)と思う」と述べ、原状回復措置などの手続きが順調に進めば、返還から5年後にも移転が可能になるとの認識を説明した。呉屋宏氏(そうぞう)への答弁。