沖縄県高齢・障害者雇用支援センター(島津陽介センター長)は10日午後1時半から、「生涯現役社会の実現に向けたワークショップ」を那覇市内の那覇第2地方合同庁舎1号館沖縄労働局で開く。

 高齢者の技能や経験を次世代に継承し、企業の持続的発展を目的としている。ワークショップでは県内における高齢者雇用の現状についての講演や企業の事例発表がある。問い合わせは同センター、電話098(941)3301。