情報処理サービスのアイセック・ジャパン(うるま市、一瀬宗也社長)はこのほど、話すことのできる聴覚障がい者のために、電話を介して相手の音声だけを文字で受け取ることができる「字幕付き電話」を開発した。電話にタブレット型端末をつないで利用。