【南風原】JAおきなわ(砂川博紀理事長)は2日、南風原町照屋で建設される、沖縄県内10店舗目となる農家直売店「ファーマーズマーケット南風原」新築工事の安全祈願祭を行った。来年4月のオープン予定で、売り場面積は3番目の規模。カボチャやヘチマ、スターフルーツなど同町の特産品を手ごろな値段で販売するほか、試食コーナーを設けて県産野菜の食べ方を紹介し、販売拡大につなげる考えだ。

JAおきなわ「ファーマーズマーケット南風原」新築工事の安全祈願祭=2日、南風原町照屋

ファーマーズマーケット南風原 建設場所

JAおきなわ「ファーマーズマーケット南風原」新築工事の安全祈願祭=2日、南風原町照屋 ファーマーズマーケット南風原 建設場所

 建設地は那覇空港自動車道南風原南インターチェンジ近くで、敷地面積約7650平方メートル。鉄骨造り平屋の建物で、売り場面積約636平方メートルになる。総事業費は3億4800万円。将来的な売り上げ目標は年間5億円を見込んでいる。

 祈願祭で、砂川理事長は「那覇市という大消費地の近隣に位置する。みんなのファーマーズに発展させることが、町の活性化につながる」とあいさつ。城間俊安町長は「消費者が満足できるような施設にしてほしい」と期待した。

 JAおきなわは、既存の9店舗で昨年度、売り上げ69億円6千万円を記録した。